ユニットバスのリフォームを安く仕上げるには

subpage01

浴室の土台や柱というのは、15〜20年程度で、老朽化が目立ってくるといわれています。



そのため、浴室リフォームの目安としては、15〜20年に一度行う必要があります。



水回りをすべてリフォームすると、数百万円かかってしまいますから、優先順位をつけて、予算に応じてリフォームをしていくことが大切です。

ユニットバスのリフォームは、50〜150万円程度で行うことができます。


ただ、築年数が経っていて、土台などの補修工事が必要な場合などには、さらに費用がかかってしまいますから、解体してみないときちんとして費用は出てきません。

特に、在来工法で作られた浴室というのは、タイルの目地のひび割れ部分などから、水漏れが起こる可能性が高く、土台や壁内部の木材を腐食させている可能性も高く、補修工事が必要となるケースが多いので、事前に補修工事費用などを確認しておくと安心です。
浴室のリフォームでは、ユニットバスに交換する人が多く、現在主流となっています。

ユニットバスは、工場でパーツを作成し、現場でプラモデルのように組み立てていくため、作業時間も短縮でき、費用も抑えることができるということで、人気があります。元々在来工法に比べて費用を安く抑えることができますが、より費用を抑えるには、浴室塗装という方法があります。浴室塗装は、ユニットバスを交換するのではなく、下地調整やカビとりを行った後、塗装を行うことで、新品のような美しい浴室を取り戻すことができます。