ユニットバスリフォームのポイント

subpage01

築15〜20年ほど経つと、至る所で不具合がでてくるものです。



特に、毎日使用する浴室やトイレなどの水回りは、さまざまなトラブルが起こりやすい場所ですから、浴室リフォームを検討する人も多いのではないでしょうか。浴室というのは、単に体の汚れを落とすだけではなく、一日の疲れをリフレッシュさせる場所でもありますから、不具合が起こる前にリフォームをすることが望ましいといえます。

浴室のリフォームでは、ユニットバスがもっとも選ばれています。

浴室には、ユニットバス以外にもタイルを張る在来工法もあります。

在来工法は、昔からあるタイル張りの浴室で、浴槽など自分のこだわりの素材を選ぶことができ、浴室のサイズにも制限なく作ることができますから、新築時に在来工法でこだわりの浴室を作る人も少なくありません。

ただ、この在来工法は、工期も長くかかり、職人の技術も必要となるため、費用も高額になるというデメリットがあります。


そのためリフォーム時には、価格が安く工期も短いユニットバスが人気となります。



ユニットバスは、工場であらかじめパーツを作成し、現場で職人が組み立てて浴室にはめ込んでいくという方法ですから、熟練した技術がなくても施工することができ、工期も短くてすみます。



ただ、規格やサイズがメーカーで決まっていますから、バリエーションも少なく、浴槽をヒノキや石材など、浴室にこだわりを持っている人には物足りないかもしれません。